ポスター印刷 知識の泉 〜トリビア〜

スタッフも知らなかったトリビア満載

知ってた?知らない?
ポスター印刷の豆知識や実験結果をソクプリスタッフがご紹介!
意外に知らない情報の数々で、あなたを「へぇ〜」と唸らせます。

知らないと損?ポスター印刷に役立つアレコレ情報!!

  • 【新商品】キャンバス生地をご紹介します。

    この度ソクプリではキャンバス生地の取り扱いを始めました。このキャンバス生地が一体どのような用紙なのか、また、実際に印刷するとどのような仕上がりになるのか、ソクプリでよくご利用していただいている耐久性・耐水性に優れた合成紙、そして比較的キャンバス生地に質感が似ている布ポスターと比較しながらご紹介していきたいと思います!

  • ポスター用紙の厚みと重さについて

    当店で取り扱いのポスター用紙は種類によって、それぞれの厚みが異なります。 今まではメーカー発表の数値(単位:ミクロン)を記載していましたが、今回実際にどれくらいの厚みがあるのか計測しました。また用紙の重さについても量っていますので厚みと合わせてご確認頂ければと思います。

  • 極細線は、どれくらい細い線まで印刷されるのか

    ポスター印刷ソクプリでは、細い線のあるデータを作成するときは0.3pt以上の線を推奨しています。また、他のサイトをみてても0.3pt又は0.25pt以下は印刷されないという案内もよく見られます。実際に0.3pt以下の線は出力されないのでしょうか。なぜ0.3pt以上を推奨してるのでしょうか?

  • カラーモードRGBのまま印刷したらどうなるの?

    印刷業界のデータ入稿の際、不備として扱われることの少ない入稿ルールとして「CMYKへの変換」があります。そこで、ポスター印刷ソクプリはRGBデータをそのまま印刷した場合とRGBからCMYKに変換したデータを印刷し比べてみました。

  • 何ピクセルあれば綺麗にポスター印刷できるの?(B0〜B3、A0〜A2サイズ)

    解像度について何度か説明させていただいてるのですがdpiといってもいまいちピンと来ないというお声をいただきます。 いつもは「どのくらいの解像度であれば綺麗に印刷できる?」というお声が多いですが、今回は違う視点から説明させていただきたいと思います!!

  • デジカメ撮影したものでB0サイズのポスター印刷してみた!(解像度編)

    以前に、「画面解像度?印刷解像度?ポスター印刷に関する解像度について」という記事を公開しましたが意外に反響が多かったので、実際にどれくらいの鮮明さで印刷されるか実証してみました。

  • 高品質でポスター印刷するには?(検証:解像度編)

    ポスター印刷に適した解像度はどれくらいでしょうか?というご質問をしばしば受けます。当店での案内としては、A1までは300dpi、それ以上大きい場合は120〜200dpi程度を推奨しています。実際に解像度を変えて印刷したものを写真に撮り、どの程度見え方が違うか検証しました!

  • 合成紙ラミネート加工なしで屋外使用はできる?

    合成紙は耐水性と耐久性に優れた用紙ですが、インクには耐水性はあまり無い為、屋外での長期利用はラミネート加工をお勧めしています。短期の場合にラミネートなしでどこまで屋外利用に耐えられるかテストしました!