よくあるデータの不備

データ入稿時の不備

お客様からご入稿いただいたデータによくある不備をまとめました。
データに不備があると納期に影響が出る場合がありますのでお手数ですがデータご入稿前に今一度、不備がないかご確認をお願いいたします。

よくあるデータの不備について

縦横比が合わない

当店で一番多いデータ不備です。

当店では無料でデータの拡大縮小は対応いたしますが、データの縦横比が希望サイズと合わない場合、データ不備として扱う場合があります。
写真データなどの場合で印刷内容に影響がないと判断した場合は自動的に中央でトリミングを行い印刷を進めますが、文字が切れるなど印刷結果に影響があると当店が判断した場合は印刷作業を停止し、確認のご連絡を差し上げ仕上がりサイズの変更等、又は再入稿をお願いしております。その場合納期の遅れが生じる場合がありますのでご了承ください。
写真のデータの場合はA版、B版の規格サイズと縦横比が異なります。その場合も余白が無くなるよう、トリミングさせて頂きます。詳しくはこちらをご覧ください。

出力作業ができず納期が遅れます

はみ出た部分(赤い部分)をトリミングして納品します

仕上がりサイズのカット位置に実線がある

カットラインと判断の上、線の上からカット致します。
※線は印刷され、その上からカットしますので、線が消えたり残ったりする場合がございます。
不都合がある際は、トリムマーク(トンボ)をつける等、別の方法で仕上がりサイズのご指示をお願いします。

データ形式ごとによくあるデータ不備

イラストレーターの場合

画像を「配置」でリンクしている場合、データ内で使用している配置画像もご一緒にご入稿ください。
画像を「埋め込み」した状態でも受付可能です。

下記の場合は、そのまま印刷が進行します。
※あきらかに印刷範囲外にリンク切れがある場合
※リンク切れ部分が不明で、スクリーンショット(確認用キャプチャ画像)と比較の上一見して問題ない場合(一見して不明な場合は不備となります)

リンク切れの画像

フォントのアウトラインがとれていない

使用されているフォントはすべてアウトライン化が必要となります。
【書式】→【フォント検索】が「0」になっているかご確認ください。

下記の場合は、そのまま印刷が進行します。
※あきらかに印刷範囲外にフォントがある場合
※アウトラインがとれていないフォントが見当たらない場合
(孤立点・空フォントを含む)

アウトラインがとれているフォントととれていないフォントの比較画像

フォトショップの場合

印刷するデータ毎にレイヤーを分けで入稿する

印刷したいデータが複数ある場合は、レイヤー分けせず1データ1ファイルとしてご入稿ください。
※印刷不備を防ぐため当店でレイヤーの表示非表示はしておりません。

PDFの場合(オフィス系→PDF変換含む)

データ内に余白がある

PDFに変換するときに、保存設定やデータの作成方法によって不要な余白がついたままの方がいらっしゃいます。
当店はいただいたデータのまま出力しますので、その余白が不要か必要かの判断が出来かねる場合があります。
不要な余白がある場合はトリミングしてからご入稿ください。

1ファイル1データにしてください

PDFは1ファイル1ページでご入稿ください。2ページ目以降は印刷されません。

1ページ目しか印刷されません

よくある入稿時の不備について

データの不備以外にも、入稿時のご指示内容に不備がある場合がございます。

データが1枚しか送れてない

まれに複数枚データがあるのに1枚しか入稿出来ていない場合がございます。
その場合は1枚のデータで複数枚出力をしてしまいますので、入稿時「計何枚データ入稿」などご記載ください。
※ご記載漏れによる再印刷は有償となります。

入稿時に受注番号、ご注文者様の名前がない

転送サービスをご利用の場合は必ず「受注番号、ご注文者様のお名前」をご記載ください。
こちらの記載がないとご入稿者様の特定ができません。

【仕上がりサイズ】のご指定がない

ご指定がない場合、すべてご注文規格サイズでカットとして印刷が進行します。
「トンボ位置でカット」を選択された場合でも、入稿データにトンボが含まれない場合は「注文した規格サイズでカット」とさせていただきます。
オリジナルサイズでご注文の場合は確認が必要となり不備となります。

【ファイル形式】が指定と違う

ご指定の【ファイル形式】とご入稿データのファイル形式が違う場合は、 ご入稿データのファイル形式が優先され印刷が進行します。

例 【ファイル形式】イラストレーター(ai/eps)でご指示、ご入稿データはPDFファイル(pdf)の場合PDFファイル(pdf)で印刷が進行します。