合成紙って?

速プリのおすすめ!合成紙ってどんな用紙?

合成紙のご注文はこちらから

ユポ®と合成紙の関係

ポスター印刷速プリの合成紙とユポ®との違い

まれに「ユポはありますか?」「合成紙とはユポの事ですか?」というご質問を頂く事があります。
ユポ®は最も有名な合成紙で、合成紙=ユポ®という感覚の方が多いようですが、全ての合成紙がユポ®というわけではありません。

合成紙とは合成樹脂を主原料とした紙の総称で、ユポ®はユポ・コーポレーションが製造している合成紙の商品名です。
当店取扱いの合成紙はユポ®そのものではありませんが、ポリプロピレン樹脂を主原料とし、表面が滑らかで、耐水耐油性・耐久性に優れている等の特性はほぼ同じです。
ユポ®と同等の用紙をご検討でしたら、合成紙をオススメします!

屋外でご使用の場合

断然「合成紙+ラミネート加工」がおすすめです!!

マット紙や光沢紙は用紙自体が水に弱いのでラミネート加工をしても充分な耐水性がありません。
それに比べ合成紙は用紙自体が水に強いのでお店の外に貼るポスターやイベントなど、屋外で使用するのに最適です!

ただしラミネート加工をせずに使用した場合、雨に濡れると印字面が滲んだり、擦るとインクが剥げたりするのでラミネート加工することをオススメします!

ラミネート加工を比べてみました!!

実は

合成紙はラミネートをすれば、光沢紙との見た目は変わらない!?

合成紙はもともとマット調ですが、ラミネート加工をすれば、光沢紙と見た目はほぼ変わりません!
発色がよくラミネートとの相性もよいので、光沢紙以上に美しく仕上がります。
更に対抗性にも優れているので、合成紙+ラミネート加工で間違いなし!

ラミネート加工なしの場合

見た目はマット調なのでマット紙に似ていますが、マット紙に比べるとかなり発色のよい素材です。

  • 合成紙 ファイン紙の質感に近いマットな面を持つ芸術性の高い用紙です。マット紙に比べても断然発色がよく綺麗に仕上がります。
  • 合成紙 上品な質感で写真プリントに向いています。

ラミネート加工ありの場合

合成紙にラミネート加工をすれば、光沢紙以上の発色のクオリティで更に雨にも強く対抗性に優れます。きれいで強い用紙になります。

つやあり/グロスラミネート

  • 合成紙
  • 合成紙

つやなし/マットラミネート

  • 合成紙 ラミネートをすると見た目は合成紙と光沢紙の差はあまりありません。若干合成紙の方が発色性に優れています。また合成紙は樹脂で出来た用紙ですので雨にも強いです。
  • 合成紙 光沢紙にラミネートをすると印字面はコーティングされて耐久性は増しますが用紙は紙で出来ているので水に濡れると裏面に水が浸透するので屋外使用には向きません。

用紙・ラミネートのご注文はこちらから

  • 合成紙

    980円(税込) 〜

    • マット調
    • 低コスト
    • 当日発送可
    • 耐久性・耐水性
    • 短期間屋外OK
    • ラミネート加工で屋外OK

    合成樹脂を主原料とした用紙で、耐久性や耐水性に優れた合成紙です。ラミネート加工で長期屋外での使用に適もした用紙です。

    注文する

  • ラミネート加工

    690円(税込) 〜

    ※用紙を別途ご注文ください。

    耐久性・防水性が向上し、高級感のある仕上がりになります。UVカット加工が施されており、長期の屋外利用も可能です。

    注文する