極細線は、どれくらい細い線まで印刷されるのか

ツイート

0

はてなブックマークに追加

0

Google+でシェア

 

ポスター印刷 速プリが実証!! 極細線は、どれくらい細い線まで印刷されるのか

ポスター印刷ソクプリでは、細い線のあるデータを作成するときは0.3pt以上の線を推奨しています。
他のサイトをみても0.3pt又は0.25pt以下は印刷されないという案内もよく見られます。
実際に0.3pt以下の線は出力されないのでしょうか。
なぜ0.3pt以上を推奨しているのでしょうか。
テスト印刷をしましたのでデータ制作時の参考にしていただければ幸いです。


今回は、弊社で一番安価なマット紙、そしてインクの乗りが良い写真光沢紙、表面に若干凹凸がある布ポスターでテストしてみました。

A4程度の小さめの用紙に出力しました。結論から申しますとマット紙、写真光沢紙、布ポスターのどれもはっきりと線が印刷さてました。ただし、じっくりと見てみると何か違和感が・・・。ということで詳細を確認していきましょう。まずはソクプリの推奨の基準である0.3ptの罫線で比較してみましょう。

0.3ptの線を比較してみた

  • マット紙

  • 光沢紙

  • 布ポスター

※写真をクリックすると拡大されます

マット紙を拡大してみると写真光沢紙に比べて表面にややザラつきがありますがはっきりと線が印刷されています。
写真光沢紙は遠目ではわかりにくいですが、写真に撮って拡大してみるとのインクの乗りの良さが際立ちます。
布ポスターは表面に少し凹凸がある分、拡大してみると他の用紙に比べ境界がはっきりしていないので細く見えますね。

紙の性質によって印刷の質感にそれぞれ多少の違いはありますが、結果として0.3ptの線は問題なく印刷されていました。

では0.3ptより細いの罫線はどうなるのでしょうか。

もっと細い極細線は印刷されるのか?

0.1pt、0.05pt、0.01ptの線をそれぞれの紙に印刷しました。
いったいどのような仕上がりになるのでしょうか?

0.1ptの場合

  • マット紙

  • 光沢紙

  • 布ポスター

※写真をクリックすると拡大されます

0.05ptの場合

  • マット紙

  • 光沢紙

  • 布ポスター

※写真をクリックすると拡大されます

0.01ptの場合

  • マット紙

  • 光沢紙

  • 布ポスター

※写真をクリックすると拡大されます

なんと!印刷されています。0.01ptというと推奨の基準である0.3ptの罫線の30分の1になりますが印刷されています!さすがEPSON最新プリンター!!
しかし、よく見ると0.01ptの罫線は0.3ptの罫線の30分の1の細さには見えないですね。アバウトではありますが、photoshopで0.01ptの罫線を拡大をしてみてもとても30倍あるようには見えません。
次に0.01ptと0.05pt、0.1ptを比較してみましょう。

光沢紙で0.01pt 0.05pt 0.1ptを更に拡大

  • 0.01pt

  • 0.05pt

  • 0.1pt

※写真をクリックすると拡大されます

一番インクの乗りの良い写真光沢紙で極細線を比較してみました。
k(黒)を見る限りそれほど太さは変わりません。ほかのC,M,Yを見ると線の太さはそれほど変わりませんが、太い線になるにつれて濃くなっています。・・・濃さで調整してるのでしょうか。

K(黒)だけを並べてみると・・・

※写真をクリックすると拡大されます

やはり太さはほとんど変わりません。
しかも、おおよそですがデータ上の線と実際に印刷された線とでは太さに差が出来てしまうようです。
要するに0.3pt以下は印刷されますが、イラストレーターデータ(ai)の場合、0.3pt以下の線の太さは、ほとんど変化がないので推奨していないということですね。
それでは0.1ptと0.3ptと0.5ptで比較してみたらどうでしょうか。

光沢紙で0.1pt 0.3pt 0.5ptを更に拡大

  • 0.1pt

  • 0.3pt

  • 0.5pt

※写真をクリックすると拡大されます

0.3ptと0.5ptは太さに差が見れますが肉眼ではなかなか判断しにくいレベルです。0.1ptと0.3ptのKは、ほぼ同じですね。C,M,Yの色の濃さは違います。

K(黒)だけを並べてみると・・・

※写真をクリックすると拡大されます

ただし大判ポスターの場合、離れた位置から見るものがほとんどですので細すぎる線はかなり見にくくなると思います。
また細い線を使用した複雑過ぎるデザインや極端に小さいデザインの印刷に関しては再現度がかなり低くなる可能性があります。

結論として0.3以下の線について今回のテストの結果においては実際に印刷されないというよりは印刷される太さがほとんど変わらないという結果になりました。
ということは極細線を並べるようなデータの場合はべた塗りに見えることもあります。データを忠実に出力したい場合は 0.3pt以上 の罫線でデータを作成されることを推奨しております。

※今回はイラストレーターで作成した直線の罫線でテストしています。
ラスタライズしたデータPhotoshopデータ、曲線なども含め0.3pt以下の罫線がはっきりと印刷されることを保証する事ではありませんのでご了承ください。